TOP

PAINO

健康な水の基準を変える。

企業付設研究所

パイノの企業付設研究所は、政府のR&D課題遂行を通じて理論及び実験を検証して、革新的で創造的な
製品を開発してきました。電気分解技術に限定されず、素材の開発研究と製品開発まで有能な専門人材が
主軸になって、世界的な技術力を持つ企業に成長するために努力しています。

に優れた水素発生量のAstra Cell

改善された格子状の構造は、低消費電力で1.0ppm以上の水素水を生成し、時間を短縮しました。

素晴らしい速さ

改良されたSPEが適用されて改善された構造は、リアルタイムで高濃度の水素水の生成が可能となりRO水で0.8LPM、ミネラルウォーターで1.0LPMを維持します。

完全に電極を分離

Astra Cellの構造は、完全に陰極と陽極を分離して水素水と複合酸化水が混ざらずに、純粋な 水素水または純粋な複合酸化水だけを提供します。

制限を克服した電気分解

元水の性質に関係なく、ミネラルがない純粋なRO水から様々なミネラル水でもAstra Cellは陰極で水素水を、陽極から複合酸化水を生成します。

Astra-paino Technologyは、水素燃料電池(FUEL CELL)の技術を逆に利用した技術であり、水を電気分解し殺菌機能をする複合酸化水(Hybrid Water)を生成することとともに、高濃度水素水(Hydrogen Water)を生成できる世界唯一の技術であります。

PAINOは環境にやさしく安全であり、完璧な殺菌消毒水と次世代抗酸化剤で、健康と美容分野などへの応用ができる、水素水関連ソリューションを研究してきました。

このソリューションの核心は次世代燃料電池技術を応用し、世界初の弊社が開発した源泉技術ASTRA-PAINO Technologyとして、安全で確実な殺菌消毒水である複合酸化水(Hybrid Water)と健康に良い水素水(Hydrogen Water)を生成する技術であります。

この技術は他の技術より経済性、拡張性、効率性などで、優れた競争力を持っており、韓国はもちろん、日本、アメリカ、ヨーロッパ、中国で技術の独創性と優秀性を認められ、特許登録を完了し、この技術を活用した応用技術も継続的に特許登録及び出願中であります。

PAINOは家庭はもちろん、公共及び医療など多様な産業分野に最適化されたソリューションを供給することにより、人類のライフをもっと健康に作れる仕事に最善をつくしております。

Astra-Paino Cell Technology

· SPE(Solid Polymer Electrolyte,高分子固体電解質)

· MEA(Membrane Electrode Assembly,膜接合電極)

· 多様な用度のセル設計(浄水器~シャワー)

· 3W~150W 用度が可能

· オゾン発生 0.1~2ppm / 溶存水素 0.8~1.4ppm

· 2~20cm2の多様な大きさ制作

· カスタマイズセル開発可能

· 2016年開発完了/現在量産段階

· 飲料水の適用MEA開発(韓国唯一の技術)

· SPE最大3倍/アルカリ方式に比べ最大10倍の効率

· 開発期間:2014年~2016年(3年)

米国、日本、中国など9カ国の源泉特許保有

様々なモジュールに変更。小型化が可能